ライフ・シフト 100年時代の人生戦略

私達は、親達とは違う時代を生きている。

私達の親や祖父母の世代は、3つのステージを生きていた。即ち、学習、労働、引退である。これらの世代は、お金や家などの有形の資産を父親が、家族や健康などの無形の資産を母親が築いてきた。この生き方が成り立っていた要因の一つが寿命である。引退のステージが決して長くないため、父親が労働のステージで稼ぐ有形資産だけで家族を養うことができた。

私達の世代はこのステージが壊れる。私達は長寿化の恩恵を受ける。平均寿命が100歳を越えるのである。それに伴い、ライフステージの変換が求められる。先人のライフステージに則ると、引退期間が余りにも長くなる。父親の労働のステージで稼ぐ有形資産だけでは賄いきれない。そのため、ライフステージと家族の役割分担を見直す事が必要となる。

 

 

 

 

エフォートレス思考

概要

努力の費用対効果を向上させるための方法論が記載されていた。

多くの人が、日々やらなくてはいけないことに終われている。

頑張りすぎずに、目の前のすべきことに集中して取り組むのがよし、とのこと。

 

 

温暖化ガス排出量の削減目標

国連気候変動枠組み条約事務局は、各国が提出した2030年の温暖化ガスの排出削減目標が、国際的な枠組みである『パリ協定』の削減目標に合致するかを調査した。その結果、現段階の削減目標では、2030年の温暖化ガス排出量が、2010年に対して16%増となることが判明した。パリ協定では10年比25%削減が目標となるため、現段階では目標の実現に程遠い。

パリ協定を批准済みの194の国と地域のうち、143の国と地域が削減目標を再提出した。それにより、9%減まで排出量を下げることが可能となった。

国別のエネルギー由来温室効果ガスの排出割合を見ると、中国が28%、インドが6%を占める。従って、これらの国の協力は極めて重要である。しかしながら、中国の排出削減目標は2020年度と同一、インドはGDPあたりの排出量が33~35%減にとどまる。パリ協定の目標達成には、これらの国のより野心的な目標設定が不可欠だろう。

 

平行して、目標達成に向けた進捗確認も必要だろう。

 

 

参照元

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR244C10U1A021C2000000/

大企業のベンチャー企業に対する投資額はベンチャーキャピタルの2倍

大企業によるベンチャー企業への投資額が増加している。投資枠は、1年前と比較して3割増加し、6000億円にのぼる。投資会社であるベンチャーキャピタル(VC)の投資枠の2700億円に対して約2倍である。21年度の見通しも、約半数が投資額を増やすとしている。

 

但し、海外と比較すると投資額は見劣りする。米国の20年度における投資額は18兆円である。1社あたりの投資枠も日本企業の方が小さい。日本では1社あたりの運用規模で110億円以下が8割を占める。世界では110億円以下は4割にとどまる。

 

大企業による投資が増加する背景として、技術革新の速度があがっていることがある。社内研究のみでは最新技術に追い付けない。そこで、優れた技術やノウハウを持つベンチャー企業に投資し、新市場への参入や事業モデルの変革を加速したい考えがあるようだ。

 

 

 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC152Y30V11C21A0000000/?unlock=1