温暖化ガス排出量の削減目標

国連気候変動枠組み条約事務局は、各国が提出した2030年の温暖化ガスの排出削減目標が、国際的な枠組みである『パリ協定』の削減目標に合致するかを調査した。その結果、現段階の削減目標では、2030年の温暖化ガス排出量が、2010年に対して16%増となることが判明した。パリ協定では10年比25%削減が目標となるため、現段階では目標の実現に程遠い。

パリ協定を批准済みの194の国と地域のうち、143の国と地域が削減目標を再提出した。それにより、9%減まで排出量を下げることが可能となった。

国別のエネルギー由来温室効果ガスの排出割合を見ると、中国が28%、インドが6%を占める。従って、これらの国の協力は極めて重要である。しかしながら、中国の排出削減目標は2020年度と同一、インドはGDPあたりの排出量が33~35%減にとどまる。パリ協定の目標達成には、これらの国のより野心的な目標設定が不可欠だろう。

 

平行して、目標達成に向けた進捗確認も必要だろう。

 

 

参照元

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR244C10U1A021C2000000/

大企業のベンチャー企業に対する投資額はベンチャーキャピタルの2倍

大企業によるベンチャー企業への投資額が増加している。投資枠は、1年前と比較して3割増加し、6000億円にのぼる。投資会社であるベンチャーキャピタル(VC)の投資枠の2700億円に対して約2倍である。21年度の見通しも、約半数が投資額を増やすとしている。

 

但し、海外と比較すると投資額は見劣りする。米国の20年度における投資額は18兆円である。1社あたりの投資枠も日本企業の方が小さい。日本では1社あたりの運用規模で110億円以下が8割を占める。世界では110億円以下は4割にとどまる。

 

大企業による投資が増加する背景として、技術革新の速度があがっていることがある。社内研究のみでは最新技術に追い付けない。そこで、優れた技術やノウハウを持つベンチャー企業に投資し、新市場への参入や事業モデルの変革を加速したい考えがあるようだ。

 

 

 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC152Y30V11C21A0000000/?unlock=1

半導体不足の原因

半導体不足の原因は多重的である。需要面では家庭での半導体製品の需要増や自動車での需要増、供給面では中国への制裁、自然災害があげられる。

 

需要面

 コロナ禍での生活スタイルの変化により、家庭内での半導体製品の需要が増加した。オンライン授業に対応するため、学校ではPCやタブレットの供給が行われた。また、家庭内で過ごす時間が増加したことから、ゲームやテレビなどの需要も増加した。

 自動車の需要も予想外に好調である。自動車メーカーが想定していたよりも、消費者の購買意欲が高い。

 

供給面

 アメリカによる中国への経済制裁として、中国からの半導体購入が事実上、禁止された。

自然災害では、アメリテキサス州大寒波の影響で、同州にある半導体工場が閉鎖を命じられた。また、台湾で過去に例のない深刻な水不足が発生し、大量の水を必要とする半導体の生産に影響を及ぼした。

 

 

引用元

https://www.google.com/amp/s/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN2BO4JF

https://www.google.com/amp/s/www.nomura.co.jp/el_borde/amp/article/0003/

 

論理が伝わる書く技術

【文章の構成】

文章は複数のパラグラフからなる。一つのパラグラフは、一つのトピックからなる。

 

【パラグラフとは】

パラグラフは、先頭に要約文、以降は補足情報からなる文章の塊である。パラグラフは日本語でいう意味段落に近いが、意味段落は先頭に要約文を含むというルールを満たさない点が異なる。

 

【パラグラフ全体像の注意点】

パラグラフ作成時には、メンタルモデルの作成、強調の位置の活用、情報量、を意識する。

 メンタルモデルとは、読み手の理解(想定)の範囲を示す。メンタルモデルの範囲であれば読み手は高速に内容を理解できる。

 強調の位置とは、文章の最初と最後をさす。特に文章の最初は必ず読まれる箇所である。したがって、強調したいメッセージは文章の最初または最後に配置する。

 情報量とは、パラグラフに含まれる情報をさす。これを絞ることで必要なメッセージを強調して相手に伝えることができる。一般に情報を3つにすれば多すぎず、少なすぎないとされる。

 

【パラグラフの個別注意点】

パラグラフは、総論でかき始める。これにより、読み手は該当のパラグラフの読む必要の有無、理解の難易度の低下、根拠の妥当性の把握、が可能となる。

総論のパラグラフは、目的と要約のパラグラフにわけて記載することが一般的。目的のパラグラフでは、背景、問題点、目的を組み込む。要約のパラグラフでは、結論や総括の文、重要な情報、を組み込む。

パラグラフは4-8文を目安とする。パラグラフは具体的なトピックでまとめる。AとBのような記載は望ましくない。

パラグラフは要約、各論(補足情報)、総論で記載する。要約は一文で簡潔に、各論はwhat how why の観点で記載する。

 

 

 

愚痴

なんのために大学院に通っているのかわからなくなる。

帰るのが遅くなり家では文句を言われ、会社では軋轢をうみ、大学院では怒られ。

実験の楽しさもない。

こんなことしてるなら他に楽しいことや、お金が増えることをやるべきなんじゃないか。

 

40代を過ぎると一気に世界が変わる

【40代を過ぎると一気に世界が変わる】

以下、気になった文の抜粋。

 

組織のかたちは、だんだん進化していくとされている

1. 狼の群れ

 恐怖で人を従わせる

2. 軍隊

 命令で人を従わせる

3. 機械

 イノベーション、科学的マネージメント、最適化

4. 家族

 権限の委譲(上司はサポート)、価値駆動

5. ティール組織

 セルフマネージメント

 

理想で結ばれたチーム

 

ちゃんと多様性を獲得しておかないと、ちゃんと生きられませんよ。その中でマイナーとメジャーが入れ替わりながら、価値感はどんどん変わっていくんだよと。それが本当の進化なんだよと語っているわけです

 

 

 

 

https://logmi.jp/business/articles/322346

X線と放射線の違い

 

 

放射線とは、科学的にいうと、高いエネルギーをもち高速で飛ぶ粒子(粒子線)と、高いエネルギーをもつ短い波長の電磁波の総称です。

この中でアルファ線α線)、ベータ線β線)、ガンマ線γ線)、X線中性子線が主な放射線です。アルファ線ベータ線中性子線は粒子、ガンマ線X線は電磁波です。

 

https://www.fepc.or.jp/nuclear/houshasen/houshanou/shurui/index.html